脱毛方法

アトピー肌や敏感肌でも永久脱毛は可能!おすすめのサロンやクリニックを紹介

子供の頃からアトピー肌の人や季節の変わり目などに敏感肌になってしまう人にとって、脱毛サロンや医療脱毛クリニックなどで永久脱毛をしても良いか気になりますよね。

アトピー肌や敏感肌の人は、肌がデリケートな状態ですので、脱毛時に気をつけておくべき下記のチェックポイントを参考に、クリニックやサロンでしっかり症状を説明した上で、永久脱毛をしても問題がないか相談してみましょう。

アトピー・敏感肌の人必見!脱毛時のチェックポイント

  • 親身に相談にのってくれるクリニックやサロンを探しましょう
  • 顧問医師がいるサロンか、医師常駐のクリニックを選ぶようにしましょう
  • 今の肌の状態をしっかり説明できるようにしておきましょう

アトピー肌・敏感肌でも永久脱毛は可能!

アトピー肌に悩む方の中には、アトピーが原因で、ムダ毛処理が思うようにできず、年中長袖を着ている方も。

また、敏感肌のせいで永久脱毛することができず、日々自己処理を続けて肌が弱ってしまっている方もいます。

しかし実は医療レーザー脱毛に限らず、光やレーザーの光線を照射して行う脱毛行為は、アトピー肌や敏感肌の方でも受けることができます。

なぜなら、医療レーザー脱毛や光脱毛はほとんどの場合、毛根に存在する黒い細胞にのみ反応をするように設計されています。

アトピー肌や敏感肌に対して無理な刺激を与えることなく、ムダ毛に対してのみ選択的にダメージを加え、脱毛を行うことができるからです。

医療機関なら、リスク保証も万全です。

アトピー肌や敏感肌のムダ毛処理には、医療レーザー脱毛や光脱毛が適切であることはお分かりいただけたかと思います。

ここで、さらに安全な脱毛方法を求める方におすすめなのが医療レーザー脱毛です。

医療レーザー脱毛はその名の通り、医療機関で行う永久脱毛です。

1人1人の肌の状態を診察した上で適切な照射パワーを設定し、脱毛を行います。

医師がしっかりとお肌の診断するので、より安全に脱毛を行うことが可能です。

さらに、医療レーザー脱毛は医療用に認可された特別な機械で脱毛を行いますので、エステで扱う光脱毛よりも高いパワーを出力することができます。

一般的には5回コースを設定している医療脱毛クリニックが多いようですが、5回の照射でほとんどの方が満足しています。

対して光脱毛は、高い照射パワーを持つ機械を使用できないため、永久脱毛を実現するには脱毛サロンに通い続ける必要があり、結果的に脱毛サロンへ通う期間も長期に及んでしまいます。

より少ない回数で脱毛を完了することができる医療レーザー脱毛の方が、アトピー肌・敏感肌の方にとって安心・安全に永久脱毛を行うことができるといえます。

サロンでお肌への負担を軽減

光を使った光脱毛はお肌へのダメージが少ないため、お肌が弱い方でも、基本的にはお手入れできます。

敏感肌の方はもちろん、アトピー肌の方でもお肌の状態が安定していれば問題ありません。

脱毛サロンではお手入れする部位に専用のジェルやローションを塗るため、お肌への負担が軽減される形で施術できます。

なおレーザー脱毛の場合も基本的にはお手入れ可能ですが、ライトよりも刺激が強いため、肌状態によっては不可とされる場合があります。

おすすめの美容脱毛では、肌へのダメージが少ない「S.S.C.方式(Smooth Skin Control方式)」を採用している脱毛サロン。

お肌に塗るジェルは、お肌に優しい成分でできていること、また、お手入れ前には必ず肌状態のチェックを行っているので、敏感肌やアトピー肌の方でも安心してお手入れをしてもらうことができます。

アトピー肌や敏感肌におすすめな永久脱毛方法は?

アトピー肌や敏感肌の人も、ムダ毛をそのまま放置しておくわけにはいかないので、自己処理をしている方も多いと思います。

しかし、実は自己処理が肌に負担をかけている場合もあります。

自己処理の度に、毛抜きで毛を抜いたり、T字カミソリなどでシェービングすると、お肌に刺激を与え続けることになり、アトピー肌や敏感肌を悪化させてしまう場合もあります。

軽度のアトピー肌や敏感肌の人こそ、それ以上、症状を悪化させないためにも、レーザー脱毛や光脱毛をすることをおすすめします。

医療脱毛クリニックのレーザー脱毛

レーザー脱毛は、医療脱毛クリニックで行います。

医療脱毛クリニックは、医師が肌を診断してくれるのがメリットです。

不安な点をすべて医師に相談し、レーザー脱毛ができる程度のアトピーの症状か、その度合いなどもチェックしてもらえます。

また、脱毛中にトラブルがあった際も、医師がいるので安心です。

医療用レーザー脱毛は、出力の高いレーザーを使い、永久脱毛を目指します。

効果が高く、効率よく脱毛ができるので、施術の回数が少ない分、肌にかける負担も少ないと言えます。

ただ、強いレーザーは、少なからず肌へ刺激を与えてしまいますが、看護師や医師がいることでトラブルを防ぐことができます。

おすすめはウルトラ美肌脱毛機のある湘南美容クリニック

湘南美容クリニックで採用されている脱毛機は、皮膚の負担や痛みやを少なくした肌に優しいウルトラ美肌脱毛機(ドクターパルス脱毛)です。

広帯域の光エネルギーによって毛根のメラニンに働きかけ、 高速照射が可能となり、1~10連射まで調整が可能となっています。

つまり、施術時間もかなり短縮され、肌への負担を極力抑えています。

肌を約‐10℃に冷却させながら、バルジ領域にIPL光を連続照射することにより肌に優しく安全に脱毛できる最先端の脱毛機です。

また、赤ら顔やニキビ痕、毛穴の引き締めやくすみの改善に効果的で、脱毛と同時に美肌効果が期待できるというメリットがあります。

湘南美容クリニック

軽度のアトピー肌であれば永久脱毛も可能!

アトピー肌はその症状が人によってさまざまです。

軽度の症状であれば、永久脱毛ができる場合があります。

クリニックのレーザー脱毛やサロンの光脱毛は、毛のメラニン色素に反応して熱を発し、毛根の発毛に関係する細胞にダメージを与えるため、皮膚に多大なダメージを与えるわけではありません。

ですので、永久脱毛がアトピーや敏感肌に影響を与えるとは言えないのです。

こうした理由から、軽度のアトピー肌・敏感肌の人も、永久脱毛をあきらめる必要はないといえます。

照射できない場合もある。

炎症が強く出ている部位や色素沈着が強い部位には、医療レーザーを照射できない場合があります。

医療脱毛クリニックでは、医師が診断を行いますので、お肌の状態などをきちんと診てもらいましょう。

脱毛サロンのS.S.C.方式光脱毛

脱毛サロンで行われる光脱毛に新技術をプラスしたS.S.C.方式脱毛は、光を照射する前に、抑毛効果のあるジェルを塗ることで、光とジェルの脱毛相乗効果をねらいます。

脱毛する際の刺激や痛みが少ないのが特徴で、ジェルに入っている美容成分がお肌を美肌に導き、敏感肌やアトピー肌をいたわりながら、脱毛施術ができます。

最近では、脱毛サロンにも、顧問医師がいるなど、脱毛のトラブルにも対応しているサロンがあるので、心配な人はサロンに聞いてみるとよいでしょう。

敏感肌やアトピー肌で悩んでいる人も、正しい知識を身につけて、賢く自分にあったクリニックやサロンを選び、快適で不安のない脱毛を目指しましょう。

おすすめはS.S.C.方式の脱毛機がある脱毛サロン

エルセーヌやミュゼプラチナム、脱毛ラボなどでの美容脱毛は、ジェルの上からライトを当てて脱毛する、 S.S.C.方式(Smooth Skin Control方式)の美容脱毛機が使用されます。

安定したライトと、ジェルに含まれる成分によって肌をいためずスピーディにお手入れすることができます。

お肌にやさしい「S.S.C.方式」は痛みの心配がなく、短時間でお手入れできるので安心です。

脱毛サロンのメリット

自己処理ではお肌にダメージを与えてしまい、色素沈着や炎症の原因になりがちです。

しかし、医療脱毛クリニックや脱毛サロンならお肌へのダメージが少なく、お手入れ後のケアもスタッフがしっかり行うため安心です。

また、自己処理を繰り返すことによるお肌への負担が減るため、肌状態の悪化を防ぐこともできます。

お手入れ後はお肌をクールダウンし、お肌をしっかり保湿するため、炎症や乾燥を防げます。

このように脱毛サロンはダメージを最小限に抑える工夫をしているため、お肌が弱い方でも負担を気にせずお手入れができます。

脱毛サロンのデメリット

脱毛サロンのデメリットとしては、永久脱毛ではないこと。

なので、キレイなお肌を維持するには、脱毛サロンに通い続ける必要があります。

脱毛サロンの光脱毛は、他の脱毛法に比べるとお肌に優しい脱毛方法ですが、最小限のダメージは与えます。

塵も積もれば山となるではありませんが、小さなダメージも、施術回数が増えると大きなダメージになりかねません。

自己処理の方法による代表的な肌トラブル

ムダ毛の自己処理も脱毛方法の一つではありますが、アトピー肌や敏感肌の方にはオススメしません。

脱毛による肌トラブルがあった場合、個人では対処できないからです。

カミソリ

ムダ毛だけでなく、刃を当てた部分の肌組織まで一緒に削ってしまうことが多いです。

そのため、色素沈着や傷、乾燥による肌トラブルが発生しやすくなります。

脱毛クリーム、除毛クリーム

脱毛クリームや除毛クリームはアルカリ性の薬剤でできており、ムダ毛=たんぱく質を溶かして除毛します。

お肌はムダ毛と同じセラミドなどのたんぱく質でできているため、薬剤による肌表面の角質層へのダメージがあります。

特に敏感肌の方は、負担が大きくなることがあるので注意が必要です。

ワックス脱毛、毛抜き

毛を無理に引き抜くことになるので、土台となるお肌にダメージを与えます。

特にワックス脱毛は、肌表面の角質層を剥ぎとってしまい、保湿機能まで奪ってしまいます。

肌荒れや毛穴の炎症など、肌トラブルが起こります。

脱毛後のアフターケア

また、脱毛後はご自宅でのアフターケアが大切です。

なかでも保湿は欠かさず、お手入れの当日以降もクリームなどで保湿することで、お肌の状態を健やかに保つことができます。

さらに、夏は日焼け対策も必要。

日傘や帽子で紫外線をカバーすることをおすすめします。

ただし、お手入れ直後のお肌は敏感になっているため、お手入れ当日の保湿クリーム、日焼け止めクリーム、制汗剤のご使用はお控えてください。

お肌になるべく刺激を与えないことも大切です。

お手入れ後のお肌はショーツや衣服のこすれ・摩擦にも十分に注意してください。

脚を脱毛した場合は、ストッキングやタイツなど、お手入れ箇所を締め付ける衣類はなるべく避けましょう。

また、お手入れ当日の入浴は、お風呂には浸からずにぬるめのシャワーのみで済ませましょう。

身体を洗う際は、タオルで強くこすらず、手のひらでやさしく洗ってください。

脱毛後のお肌の状態が気になる場合は、掻いたりこすったりせず、冷たいタオルなどで冷やすことをおすすめします。

脱毛時の注意点

医療脱毛クリニックや脱毛サロンでは、敏感肌・アトピー肌の方のお手入れもできますが、お肌に薬を塗っていたり、お薬を服用している場合はお手入れができません。

お肌の状態によっては、医師の許可が必要な場合もあります。

また、お肌が極端に弱い、ケロイド体質、光過敏症、その他皮膚に何らかの異常がある場合にはお手入れすることができません。

心配な場合は、無料カウンセリングの際にスタッフの方に相談してみてください。

ステロイド系の薬を使っている場合は?

アトピーによる炎症やかゆみなどの症状を抑えるため、ステロイド系の内服薬や塗り薬を使っている方もいるかもしれません。

ステロイドは腎臓の上にある副腎で作られるホルモンの一種で、肌の赤みや腫れなどの炎症を抑える働きとアレルギーへの過剰反応を抑制する働きがあります。

アトピーの症状がひどいときにステロイド系の薬を使用すると症状が治まりますが、使用中に脱毛すると次のようなリスクがあると言われています。

脱毛効果が出ないリスク

ステロイド系の薬には、多毛化といって毛が濃くなったり増えたりする副作用があります。

塗り薬の場合は塗った箇所が、内服薬の場合は全身の毛が増えてしまうことがあり、脱毛施術を受けても効果が表れにくいです。

感染症にかかるリスク

ステロイドにはアレルギーへの過剰反応を抑制する働きがあるため、使用中は免疫力が低下します。

薬を服用していないときより、レーザーや光での刺激に過剰反応することが考えられます。

照射時の刺激によって肌荒れを起こすだけではなく、雑菌が入ってしまうと感染症につながる恐れもあります。

通院している場合はお医者さんに確認しておく

ステロイド系の薬を使用している場合は、様々なリスクがあるため基本的に脱毛はできません。

脱毛したい方は、脱毛期間中だけ薬の使用をストップする必要があります。

サロンによっては服用を中止してから1ヶ月~2週間程度経っているのであれば脱毛施術することも可能です。

ただし、もともとは肌の治療のために薬を服用しているはずなので、自己判断で使用をストップするのはあまりおすすめできません。

脱毛サロンやクリニックのなかには、服用中でも医師の同意書があれば施術できるところがあります。

皮膚科に通院中の方は自己判断で薬をやめたりせず、事前にお医者さんに相談してください。

ステロイド薬の使用中に脱毛施術を受ける場合は、当日の塗り薬の使用は控えてください。

お医者さんに正式に許可をもらっていても、施術当日に薬を塗ってしまうと照射時にトラブルが起こる可能性があります。

アトピー肌・敏感肌の永久脱毛は医療脱毛クリニックがおすすめ

お肌に何らかのトラブルを抱えての永久脱毛は、非常にリスクが高くなります。

間違っても、素人による自己判断の脱毛は絶対に避けてください。

また、脱毛サロンでは、医師が常駐しているところ以外は、トラブルが発生した場合の迅速な処置は期待できません。

お肌や脱毛の医療的な専門知識をもった医療脱毛クリニックでの脱毛が最適です。

-脱毛方法

Copyright© よか永久脱毛 , 2019 All Rights Reserved.