脱毛方法

ニードル(絶縁針)脱毛は永久脱毛!?そのメリットとデメリット

ニードル脱毛は絶縁加工をしたすごく細い針を毛穴のひとつひとつに差し込んで、電気や高周波を流して毛母細胞を破壊する脱毛方法です。

医療レーザー脱毛や光脱毛に比べて施術時間が長く、痛みが強いというデメリットもありますが、毛の質や肌の状態に制約があまりなくて、確実性が高いという永久脱毛には欠かせないメリットがあります。

また、毛穴ひとつひとつに差し込む脱毛方法には他に「美容電気脱毛」がありますが、美容電気脱毛は主にエステティックTBCなどのエステサロンで行われていいます。

ニードル(絶縁針)脱毛とは?

ニードル脱毛は、毛穴ひとつひとつに0.05~0.15mmくらいの細い針を差し込んで微弱な電気や高周波を流して、毛を焼きながら、熱エネルギーで毛母細胞を破壊します。

この施術は刺す(傷つける)行為が伴うので医療行為にあたるため医療機関でしか行えません。

医療レーザー脱毛や光脱毛が普及するまでは、ニードル脱毛が唯一の恒久的な脱毛方法でした。

昔のニードル(針)は特別な加工がされていなかったので、直接肌に触れることで、ヤケドや炎症のリスクがありました。

それを減らすために開発されたのが絶縁針です。

絶縁針は肌に触れる部分が絶縁加工されていて、針が直接肌に触れないので負担が少なく、効率的な脱毛ができます。

それでも、医療レーザー脱毛や光脱毛に比べると痛みが強く、施術時間が長いことや費用がかかること、脱毛処理をする部分のムダ毛をある程度の長さ(2~3mm)まで伸ばさなければならないことから、やっているクリニックも減ってきました。

とはいえ、やはり「永久脱毛」という面ではとても優秀ですし、眉毛や髭の間引き脱毛などデザイン的・部分的な脱毛にも適しています。

また、色素の薄い毛やうぶ毛、日焼けした肌も処理できるというメリットもあります。

ニードル脱毛

施術には直径0.05~0.15mmの極細針を使用し、そこに電気や高周波を流します。
針に流す電気には「高周波法」「流電法」「ブレンド法」があります。
現在では「高周波法」と「流電法」を組み合わせた「ブレンド法」が主流です。
個人や部位による差はありますが、一般的に3週間~1ヵ月に1度の施術で、5回~6回で永久脱毛が完了します。

美容電気脱毛

施術には直径0.05~0.15mmのプローブと呼ばれる極細の金属を使用し、そこに電気や高周波を流します。
こちらは主にTBCなどのエステサロンで行われている施術です。
絶縁針脱毛と同じく痛みはありますが、医療機関ではないエステサロンでは麻酔を使用することはできません。

ニードル(絶縁針)脱毛のメリット

ムダ毛を恒久的に処理するという面では医療レーザー脱毛や光脱毛よりも優れています。

また、ムダ毛を間引いて毛の量を調整するといった細かい処理も得意です。

なので眉や髭などのデザイン性を求める方には特におすすめです。

さらに、色素の薄い毛やうぶ毛、日焼けした肌でも処理できるのも大きなメリットです。

ニードル(絶縁針)脱毛のデメリット

絶縁針脱毛は医療レーザー脱毛や光脱毛に比べ、施術時間が長く、それに伴って費用も高くついてしまいます。

また、針が絶縁加工されて改良されたとはいえ痛みは比較的強く、施術をする際にムダ毛を少し伸ばしておかなければならない点がデメリットだと思います。

トップページ

-脱毛方法

Copyright© よか永久脱毛 , 2019 All Rights Reserved.